aguuxのブログ

博士課程修了→メーカーという経路を辿っている人の日常

洋書感想 Jojo's story (CER stage2) ~自分を覚えている人が一人もいない世界で生きる~

読んだ本の情報

タイトル Jojo's story
シリーズ Cambridge English readers stage 2
著者 Antoinette Moses
YL 2.5
個人評価 ★4.5(ラストは賛否両論だけど考えさせられる)

内容

とある国で内戦が発生し、ジョジョの村が襲撃された。村は焼かれ、ジョジョ以外の村人たちは殺されてしまった。ただ一人生き残ったジョジョは村の中で一人隠れていた。もう曜日も分からなくなってしまったある日、平和維持軍が助けに来る。Jojoと軍人、そしてジャーナリストのクリスは戦争から逃れながら孤児院へと向かう。孤児院にはジョジョと同じような境遇の子供たちがたくさんいた。国境なき医師団のニッキーとの会話の中、安全な日々を送っていたのもつかの間、戦争の火の手が迫ってくる。いつ爆弾が落ちてもおかしくないようなある日・・・

感想

 ジョジョの独白のようなスタイルで物語は進行します。最初から村の襲撃という結構重い話でストーリーが始まるので、どこかに明るい展開が無いかなと思っていたけれど、なかなかそんなことは無く、悲しみを抱えたまま読み進めていました。もしかしたらジョジョが村を出て孤児院まで行くまでの間、そして孤児院での静かな日々が明るい展開だったのかもしれません。ラストに関してはネタバレになるので伏せますが、こういう戦争で本当の意味でみなしごになってしまった子はこういう気持ちになる方が多いのかもしれないとふと思いました。 最後まで読み終わって、ふと「自分を覚えている人がいない世界はどんな世界?」という質問が浮かんできました。そんな世界、私には耐えられない気がしています。ラストは少々急展開ですが、おすすめ度4.5です。ちょっと考え事をしたい人にピッタリかと。

商品はこちらから

Jojo's Story Level 2 (Cambridge English Readers) (English Edition)

新品価格
¥696から
(2021/2/25 21:32時点)

余談

これで洋書紹介10冊目となりました。案外サクサク書けていますね。もう少し多読が進行したら、Stage2にたどり着くまでの話でもしたいです。

Logan's Choice (CER stage2)

今日も仕事の後90分くらいかけてCER2の本を読んでいました。

読んだ本の情報

タイトル Logan's Choice
シリーズ Cambridge English readers stage 2
著者 Richard MacAndrew
YL 2.5
個人評価 ★5(捜査モノの中でおススメ)

内容

ある夜中、ジェニー捜査官が熟睡していると突然グラント刑事から電話がくる。電話に出ると、有名な資産家であるアレックスが死体で発見されたとのこと。急いで現場に向かうと風呂場で首を強打して殺害されていた。しかし風呂場のカギはかかっており、唯一外に出られるのは高い風呂場の窓だけだった。 まず容疑者を洗ってみると動機を持っている物が二人いた。一人はアレックスの妻の兄弟であるドナルド、もう一人はアレックスと共同でレストランを経営してるイアン。どちらもとても金が欲しい状態だった。ジェニーはどちらが犯人か突き詰めるために、ジャーナリストのタムやイアンの古い上司のイネスに話を聞きながら捜査を進めて行く。どちらが犯人か、LoganのChoiceは。

感想

 単語数が9660と今まで読んできたGradedシリーズの中では最長の部類に入るけれど、80~90分程度で読めたので読みやすかったと思う。こういうミステリー物は途中で登場人物の名前が分からなくなってしまったりするけれど、CERには主要登場人物の名前が先頭についているので分からなくなっても確認しやすいのもプラス。stage1と比較してもストーリーがしっかりしているし、読んだ!という実感が出てくるのもプラス。単語数の多さも含めて達成感も得られるのでおススメです。

商品はこちらから

Logan's Choice Level 2 (Cambridge English Readers) (English Edition)

新品価格
¥693から
(2021/2/24 22:38時点)

余談

この本を読了して50万語達成。100万語までの折り返し地点までたどり着きました。このままスマホいじりの習慣をそのまま読書と勉強の習慣に置き換えられるようにぼちぼちやっていきます。仕事の方ではちょっとしたアクシデントもあったりするけれど一つずつ焦らずに確実にやっていきます。

Oceans (OBW factfile stage 2)

休みの日ですがOBW stage 2を読んだのでその紹介です。英語と海のあれこれが勉強できます。

読んだ本の情報

タイトル Oceans
シリーズ Oxford Book worms stage 2
著者 Barnaby Newbolt
YL 2.6
個人評価 ★4(海の知識増える)

内容

海に関する歴史のあれこれを詰めた本。導入部では人が海をどうわたってきたのかという歴史を説明。そのあとは海とその下にあるマントルの構造に関する説明や、海流に関する説明と続き、最後は人類未開の地である海底の話につながっていく。

感想

 海の話と一口に言っても歴史からの切り口や地学からの切り口のように、いろいろな切り口から話がされており、非常に勉強になった。ただ、事前知識がない状態で読むと難しいかもしれない。多読では調べ読みはしないというルールはあるけれど、wikiを片手に読むことでより楽しめる気がする。そういった専門的な難しさがあるのでちょいおススメ度は低くなって★4

商品はこちらから

Oceans Level 2 Factfiles Oxford Bookworms Library (English Edition)

新品価格
¥760から
(2021/2/23 22:59時点)

The Man from Nowhere (CER Stage 2)

図書館に置いてあったOBWとCERのstage1を読みつくしてしまったので、stage2を読み始めています。今日はその中から砂漠に墜落した飛行機から脱出した3人のお話を紹介します。

読んだ本の情報

タイトル The Man from Nowhere
シリーズ Cambridge English readers stage 2
著者 Bernard Smith
YL 2.5
個人評価 ★5(かなりおススメ )

内容

舞台はオマーンにあるワヒバ砂漠。南北に200キロ、東西に100キロメートルの広い範囲にあるこの砂漠は昼は暑く夜は寒いため、人間が住むことはできない場所だった。ある日バーディス夫妻とその息子アンディは休日を楽しむためにプライベートジェットを自ら運転してオマーンの海岸線を北上していた。しかし突然事故が起こってしまい、ワヒバ砂漠に墜落してしまう。なんとか墜落による死を免れた3人であるが、砂漠からどう脱出するかが問題だった。そこでバーディスが砂漠を歩いて脱出しようとしたが。。

感想

 CER stage2ということで難しくはなっているけれど、その文描写が詳しくなっており、逆に読みやすくなっていた。分量としても8000語くらいと今まで読んだものからすると多かったが、それを感じさせないくらいストーリーもまとまっており、かといって途中で飽きさせないストーリーの作りになっていたので、初めてCERのstage2にチャレンジするなら初めての一冊におススメです。

商品はこちらから

The Man from Nowhere Level 2 (Cambridge English Readers) (English Edition)

新品価格
¥697から
(2021/2/21 19:47時点)

One-Way Ticket (OBW Stage 1)

読んだ本の情報

タイトル One-Way Ticket
シリーズ Oxford Book worms stage 1
著者 Jennifier Bassett
YL 2.1
個人評価 ★3(話が平坦)

内容

One way ticketは日本語にすると片道切符。切符を持って電車に乗る人は様々な目的を持っている。そして電車内では多くの人と隣り合い、話すこともあるだろう。そして中にはなかなか起きない出来事も...この本には片道切符の電車の中で起きた奇妙な出来事が3つ詰められている。

感想

 1冊の中に複数の話が詰められたショートショート形式。ただでさえ短いgraded readerがさらに短くなるので話は盛り上がりにくかった。あと電車の中での会話場面も多いので、登場人物の把握が大変。難易度がちょい高めで他の本と比べて面白さに欠けたので★3。正確に文章の内容から描写を思い浮かべられるかを試すトレーニングには向いていそう。

商品はこちらから

One-Way Ticket: Short Stories, 400 Headwords (Oxford Bookworms - Human Interest)

新品価格
¥716から
(2021/2/20 23:27時点)

One-Way Ticket: Short Stories, 400 Headwords (Oxford Bookworms - Human Interest)

新品価格
¥716から
(2021/2/20 23:27時点)

Parallel (CER Stage 1)

読んだ本

タイトル Parallel
シリーズ Cambridge English readers stage 1
著者 Colin Campbell
YL 1.0-1.4
個人評価 ★3.5(ちょっとSF)

内容

Maxは暗殺者稼業を営んでいるが、いつも仕事をした後は気分がすぐれない。ある仕事を終えた後、ベッドで憂鬱な気分で過ごしていると来客が現れる。Geraldと名乗るその男はMaxに瓜二つな神父の写真を見せるて仕事を依頼する...

感想

 洋書多読を始めた人にとってSFは想像できない展開が多いため、あまりお勧めできないと考えていましたが、この本はSFとしては簡単な話ではあるので初学者でも読みやすいかなと思いました。SFに慣れている人なら設定もしっかりしているし、そこまで詰まることは無いんじゃないかなと思います。ただラストが示唆的になっているため、ちょっと難解でした。そのためちょっと読みにくさがあると考えて★3.5 CER系は無料でオーディオもダウンロードできるので、どこかのタイミングで音声にもチャレンジしようかなと思います。

商品はこちらから

Parallel Level 1 (Cambridge English Readers Book 53) (English Edition)

新品価格
¥691から
(2021/2/19 20:39時点)

The Phantom of the Opera (OBW stage 1)

読んだ本

タイトル The Phantom of the Opera
シリーズ Oxford Bookworms stage 1
著者 Jennifer Bassett
YL 2.1
個人評価 ★4(ラストが急展開)

内容

オペラ座には幽霊がいる」、オペラ座のダンサーや監督の間ではそういった噂が流れていた。実際オペラ座の5番席を常時空けるようになど、幽霊からの要求もなされていた。ダンサーの間で幽霊の話をしていると、突然ブケーの死が伝えられ、本当に幽霊がいると皆が信じつつあった。 ある日ファウストの上演前、プリマドンナのカルロッタが体調不良となり、急遽ダーエが代役となる。その代役となった舞台でダーエは天使のような歌声を披露し、一躍スターとなる。ラウールはその様子に心奪われ上演後、ダーエの楽屋に挨拶しに行くが、中でダーエが男と会話しているのを聞いてしまう。その後ダーエと会うことができたラウールは楽屋での話をダーエに尋ねると。。。

感想

 オペラ座の怪人を読んだことも見たこともなかったけれど、本の内容には十分ついていける程度には易しい文章だった。内容についても恋と嫉妬、そして逃亡と分かりやすい内容だった。ただGraded reader用に省略したためか、ラストがちょっと急だった感もある。それでも読みやすかったので★4

The Phantom of the Opera Level 1 Oxford Bookworms Library (English Edition)

新品価格
¥689から
(2021/2/18 23:48時点)