aguuxのブログ

博士課程修了→メーカーという経路を辿っている人の日常

(読書)医学は何ができるか

4時間くらいかけて先月買った医学は何ができるか(ルイス・トマス)を読んだ。

タイトルは結構ゴツいけれど中身は作者の24編のエッセイで、ちょっとずつ読み進めることができた。

作者はアメリカの内科医でだいたい1930年あたりから医者として働き始めた。この頃はちょうど生物学や免疫学の研究が進んで来た時期で、医者のあり方もこの時代から変わり始めている。

 医者という職業は古くから存在していたが、医療が科学とリンクし始めたのは20世紀になってからだった。それまでは科学には基づかない、医者の思いつきのような治療法が試されていた。

 そのような状況は20世紀を境目に変わり始め、ウィリアム・オスラーが医学教育を組み上げた少し後の時代が1930年あたりである。オスラーの医学の中では、「説明」こそが医学の本来の仕事であるとして、治療よりも病気の診断となぜこの病気に罹患したか、そしてこの病気はどのような経過をたどるかを説明することに重きを置かれていた。

 ところが1930年台になると免疫学などが発展し、治せる病気が増えてきた。すると医学は説明から治療することに重きを置くようになった。そのうちにコンピューターもでき、画像検査も進歩するなど、医療の機械化が進むようになった。すると昔までの親しみが感じられる医者はいなくなり、患者の側からすると少し違和感を感じる時代となった。

 このような時代を医者として生きた作者がその中で何を感じたか、そして研究者として何に興味を持ってきたか分かるエッセイとして一つ一つ非常に楽しめた。沖縄戦にも従軍したようで、そこで何があったかも書かれていてとても興味深いものがあった。また、今までの医学を知ることで、これからの医学を知る助けになるかなとも思う。

(読書)医学するこころ オスラー博士の生涯

久しぶりに本を読む時間が取れたので、手元にあったこの本を読んでみた。

 

オスラー博士(ウィリアム・オスラー)は19世紀~20世紀初頭に大活躍した医者でオスラー結節にその名前を残す人である。

そのような人がいかに医師を目指し、公衆衛生の確立のために尽力したかが書かれている本。

 

読んでいてオスラー博士の生き方をすべて真似できるわけではないけれど、いくつかは真似できるように思う。特に、死んだ昨日と、日を見ない明日に思いを馳せるのではなく、今に集中して生きるという所は今後の生き方に取り入れていきたい。というかちゃんと活躍している人ほど、今に集中している気がする。

 

医療系の話に関してもなるほどと思うこともいくつかある。臓器ひとつひとつを孤立したものとして扱うのではなく、流れとして扱うというのは、NHKでやっていた福岡先生の最後の講義を思い出すものがある。

 

付箋を貼った部分は主にオスラー博士の言葉の部分。講演録もあるのでそちらも買おうかな。

 

(読書)ウィトゲンシュタイン 世界が変わる言葉<エッセンシャル版>

最近買ったはずなのだけれど、いつ買ったのか思い出せない。だけど電子書籍の中にあったので読んでみた。

 

【内容】

ウィトゲンシュタインの著作から拾ってきた、人生において、前向きに生きようとする時に使えそうな言葉が183個入っている本。これだけあれば何個かは誰にでも刺さるのではないかなと思う。

 

【気になった言葉】

きみがいいと思ったら、それでいい

いいと思うのは「事実」であるから、それに対する反応とは別途分けて考えるべきという話。自分の趣味とか好きなものはそれで大事にするべきということにつながる言葉。

 

常識の中に逃げるな

問題に対して、「常識だから」と言わずに一つ一つ誠実に取り組むことが大事ということ。それが実際の解決につながる。会社の問題を解決するためにはこういう考えを持たないと。

問題は必ず解決できる

問題は小さな問いの集まりで、問題として言語化できているなら取っ掛かりはある。だからもがけば解決できるという話。 宇宙兄弟のブライアンのドアに手をかけ続けるという話とリンクして納得した。

「知っている」と思えば進歩は止まる

 

自分はその事柄を知っていると思うと、学ぶことが止まってしまう。謙虚に、謙虚に。

わかりやすい説明とは細かい説明ではない

「相手」が理解できるものこそが分かりやすい説明である。全体を見渡すことができたという感触を持つような説明の仕方が良いという話。

きみの表現が下手なのではなく、言葉自体に限界があるのだ

いくら表現したからって言葉が万能で無い以上、わかりやすさにも限界がある。そこを受け入れて、相手が何を表現したいのかを汲み取るやさしさが大事、歩み寄ろう。

愛という言葉はわからないからこそ魅力的な謎になる

愛以外にも人生とか幸福とか、概念は中身がわからないものである、こういうものが魅力を持ち、探求したくなる。

言葉を豊かにすればそれだけ世界は広くなる

言葉が増える=表現の手法が増えるということになる。それは世界の見方が増えることにつながる。これは言葉のレパートリーだけではなく、絵画や音楽についても同様なのではないかなと。表現が増える=世界が増えると言えるのかも?

時には言葉で表現できないこともある

だからこそ絵画や音楽という表現方法も生まれている。スティーブン・キング作、スタンド・バイ・ミーの冒頭にも「何にもまして重要だということは、 何にもまして口に出すのが難しい」という言葉があるのだけれど、同じようなことを言っているように思えた。

勇気なくして生きていくことはできない

怖気づいただけで何もできなくなってしまうというのはみんな経験がある。 そんな状況はできる限り減らそうということ。あぁ。博士課程時代の自分を振り返るとそういうことばかりだった。どうしたら勇気を持てるのかはわからないけど、この言葉は覚えておこう。

絶望している人は自分の判断が正しいと信じ込んでいるだけだ

絶望している人は状況に関して絶望すべきだと信じている人であるという話。ウッ頭が。。。そんな状況でも考えを改められるような柔軟さを持ちたい。そして絶望している人に対しても新しい見方を与えられる人になりたい。

 

【総括】

183個すべての言葉が今身に染みる訳ではないけれど、一度読んでおけば、節目節目で思い出して、一歩踏み出す原動力になるんじゃないかなーと思う。同じような意味を持った言葉は小説だったり演劇でも見てきた。そういったものとリンクさせることで、ここで見た言葉に関して色々な視点から考えるようになりたい。

 

 

(読書)プロパガンダゲーム

なにかのタイミングでこの電子書籍を購入したので、気楽な気分で読もうとしたら、そうそう気楽にも読めなかった。

【あらすじ】

大手広告代理店「電央堂」の最終面接。そこで行われたのは宣伝によって仮想国家が戦争に向かうことを阻止、あるいは導くゲームだった。集まった8人は4人ずつのチームに分かれて、それぞれの勝利に向かって情報を駆使していくことになる。。。

 

【感想】

設定は面白かったし、宣伝という民衆の説得に関して、参考になる言葉が出てきた。

例えば、

そういう「だめな人間」も国民なんだ

という言葉は結構考えさせられた。

今もSNSとかにある、ワクチンとかの問題を考えると、ワクチン肯定派は反対派を、統計などを分かっていない「だめな人間」だと考えている。逆の立場から見れば反対派は賛成派のことを、真実を分かっていない「だめな人間」だと考えている。どちらがただしいかは今回の議論から外れるので触れないが、そういった「だめな人間」のように見える人をいかに説得すべきか、ということも考えていくべきなのだろう。会社でも同じだ。古い考えの人をただ「だめな人間」として放置せずに、いかに説得すべきか考えるのも、新しい考えをやろうとする人の責任なのかもしれない。

一人で正しさだけを追い求めることと、みんなが正しくある世界を追い求めることは全く違う。そういうことを改めて考えさせられた。

 

他にも物語終盤で出てきたセリフの中で、

正解をおかしいと思うのなら、システムを変える努力をすることです。嘆くだけでは現実は変わりません

というのも当たり前な言葉だけれども、ここで読めてよかったとも思う。生きていると理不尽なこともある。諦めざるを得ないこともある。その中でも、本当に何もできないのか、今一度立ち止まって考えて、足掻く時の原動力にしたいと思う。

 

後は生き方の話として、

「短所を見つけて言葉にするのは、長所を言語化するより、ずっと簡単なんだと思う。」

は大事だなぁと。プロパガンダゲーム中だけではなく、今のTV番組を見ていても、取材相手の人格を否定したり、貶めたりするものが多いように感じる最近、それでも良い所を見ようとする姿勢はちょっと大事だなぁと。もちろん悪いことは悪いこととして裁かなきゃいけないけれど、それでその人がもともと持っていた良いものまで消える訳ではない。そういう所をゼロサムゲームで考えないということも大事なのかなぁと。

 

全体的にはさらっと読めたけど、今後生きてく上で、参考になる言葉がいくつか拾えた本なので満足しています。

 

追記

こういう読み方も良いけれど、もう少し登場人物の感情とかを考えた感想とかも書きたいなぁと思ったり思わなかったり。

 

 

(読書)就職先はネジ屋です

都内の書店でふと見かけて吸い寄せられるように買ってしまったので、今日喫茶店で読んできた。

(あらすじ)

第一志望の商社に落とされたユウは母親が社長を務めるネジ会社を受け、無事採用。でも取引先は商社ばかりで実際に使っている現場のことはわからない。そこで実際に出向いたり直接取り引きをしていくと色々なつながりとトラブルが増え。。。

 

【感想】

・すんごいご都合主義。でも新製品開発という意味では大事な要素が書かれている

こんなにポンポン新商品を思いつくなら苦労しないっす。。。でも、新しい製品を開発するために心がける言葉はいくつも見つかった。例えば

世の中のモノは常に不完全なんだ

とかね。あとは

勝負できるのは創造力しかない。モノを生み出す創造力は、誰にでも与えられているから。

とかとか。メーカー勤めの自分としては、ここらへんの言葉は響くものがあった。その創造力の中には周囲を巻き込んでいく力というのもあるのかなとも思う。

 

・商社の役割について考えるところはある

製品の種類が多様化している以上、調整弁のような役割は必要。でも直売のような形を許容しないのはやりすぎなんじゃないかなぁとも思ったり。作る側からの視点ではね。商社側からすれば利益が減るので許容できないというのはわかる。どうバランスを取るか、どう直売を狙っていくかという戦略とかもありそう。

 

・夢中になれば、なにか見えてくる。

作中でユウがねじを作りたい理由について、

「面白いから、ただ面白いからです」 

これだよなぁと思う。昇進したいから、認められたいからじゃなくて、自分が心から面白いと思える物を作っている時こそ、色々見えてくるものがあると思う。どうやればこのような心境になれるのだろう。あともう一つは、同じものを面白いと思える人が集まれるって奇跡のようなことだとも思う。そういった環境が自分の周囲にできたら、大事にしたいなぁとも思う

 

【全体として】

モノづくりをする人の心とか、製造会社はどうあるべきかといったことを考えるという意味では夢中になって読めた本でした。ネジに関する知識も深まるので、読んで損することは無いかと。星5つ中4つ 残り一つはちょっとご都合主義感があるという所で減点。こんな上手く行く現実がほしいです。

 

米澤穂信 いまさら翼といわれても 読了

氷菓シリーズをふたりの距離の概算まで読んでいたのだけれど、そこから3年間、やっと読むことができました。以下各短編の感想

 

  1. 箱の中の欠落
    タイトルは完全にあっちのオマージュっぽく見えたけど実際そのとおりか。生徒会会長選挙の不正投票のお話に絡めた折木とふくちゃんの日常がすごく微笑ましい。ラーメン食いたくなる

  2. 鏡には映らない
    伊原視点で描かれる。中学の卒業制作で折木が関わった事件のお話。読み返したあとにタイトルを見てなるほどと思った。ある人から見ると悪にしか見えないことであっても、別の視点から見るとそれがヒーローになる、というのが短編にしっかりと込められていて読んでいて楽しめた。内容はちょっと重め。

  3. 連峰は晴れているか。
    ヘリが好きなんだ、という一言を一度だけ発した教師。なぜそのときだけそんなことを言ったのか?というのを解き明かすお話。折木の扱いが分かりやすくて笑ってしまう。でもその理由がわかったあとの折木と千反田の会話もまた個人的に好きだった。これ好感度上がっているだけじゃんね。うらやましい。

  4. わたしたちの伝説の一冊
    伊原と漫画研究会のお話。この関連のお話は正直苦手だった。だってゴタゴタが結構身につまされる話でブーメラン感があるから。。。実際途中までは結構重めのお話で、最後の種明かしまでは読んでて少し辛かった。でも種明かしはすっきりはしないまでも、自分に照らし合わせて考えてしまう面もあった。伊原をめっちゃ応援したくなる短編です。前を向く時にはおすすめ。

  5. 長い休日
    折木がなんで『やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に』というモットーに至ったかを語るお話。長い休日のダブルミーニングと、長い休日の「終わり」を感じさせる短編で、やっぱり折木と千反田の会話ええなぁと思うお話でした。

  6. いまさら翼といわれても
    合唱コンクールの前にソロパートを託された千反田が失踪してしまうお話。これは読んでほしい。これからの古典部につながるお話なので、ぜひ買って読んでほしいと思う。自由への憧れは多くの人が持っているだろうけど、いきなり与えられたらどうなるのだろうか。そういったことも考えてしまう。

単行本だから買うのを躊躇したけど買ってよかったっす。次の古典部シリーズの本も出ているっぽから買っちゃおうかな?

 

2019/03/27の調べ物

色々と調べ物をしなければならなかったのでそのメモ

 

QCA:Quantitative Croronary Angiography 定量的冠動脈造影

冠動脈造影によって血管の直径を測定する手段。デバイスの太さを決める手段だったり、処置後のフォローアップの指標としても用いられたりする。

 

True Bifurcation

本管と側枝のどちらにも狭窄がある状態。Medina Classificationだと(1,1,1)(0,1,1)(1,0,1)が該当

 

CVD CardioVascular Disease心血管疾患

PAD Peripheral Artery Disease 末梢動脈疾患

OMI Old Myocardical Infaction 陳旧性心筋梗塞

 

 

スタチンの効果

LDLコレステロール値を下げることが知られている(どのように?)

 

継続して調査すること

糖尿病の合併症

eGFR

NSTEMIと比較してSTEMIの予後が悪い理由